スタッフ紹介

コア・チームメンバーの紹介

Geraint-Resizedゲライント (代表取締役)

そろそろ来日30年を越えようかという「Mister G」はウエールズ出身。 立て板に水のごとく滑らかな日本語の源流を辿れば、遠くケンブリッジ大学に遡る。 80年代にKUONIで勤務実績を上げたと聞けば、その年代の音楽への、執着とも言える嗜好も納得されよう。

Yoko-Resized洋子(財務・経理担当)

猫と砂漠を愛し、最近ではニジェールで駱駝を飼おうなどとも口走る。 砂漠の夜空に星を数え、TJTの売上の数字もあのくらいに、などと一人呟く脳天気。 生涯で通算7匹の猫と暮らした末の隠居を目前に、リサイクル可能な粗大ゴミになろうと画策中。

Kozo-Resized浩三 (仕入担当)

夢に青写真を与え、漠然としたイメージを実現可能なイベントに変貌させるエキスパート。 ジョージ クルーニーのマイケルクライトンを彷彿とさせるとか。  抜群の交渉力で右に左に仕入と商品開発をジャグリングする有り様は、空手の黒帯保持者である事実と関係があるのかもしれない。

James-Resizedジェームス (ゼネラㇻル・マネージャー)

京都府の片隅から、世界に「日本にMICEあり」と発信し続けて10年余、新しい切り口をこのビジネスに持ち込み、クライアント並びにサプライヤーとの新鮮な接触面をもたらす。 一杯のお茶をひたすら心を籠めて淹れるが如き仕事ぶりは Mr.Tea  の異名に相応しい。

ロイッLoic-Resizedク (セールス・マネージャー)

ジュ ネーブ生まれのフランス人。 若さと堪能な仏英和の三カ国語と、旅行業経験を引っさげてTJTに突入し、以来1年半を関西オフィスにてフランス風の魅力と創造力を駆使して関西一帯を席 巻。 2014年夏に東京本社に移ってからもその勢いは止まる所を知らず。 合気道二段の「気」をもってTJTの守護神となる。

Paul-Resizedポール (マーケティング&セールスサポート/デザイン)

「京都の声」と称される名DJ。スタイリッシュなカリフォルニア出身のパーカッショニスト兼写真家、彼の小粋な髭はTJTの間では人気上昇中。クライアントの要望、思いつき、イベントの夢をターンテーブルに乗せてミキシングさせれば、完璧なプランが生まれること間違いなし。弊社の留守番電話にて「京都の声」をどうぞ。

Marc-Resizedマーク (セールス  アドミニストレーション)

ロンドンは活気溢れるイーストエンドの出身。 世界中を旅するも、25年前に訪れた九州が忘れられず8年の間住み、2016年に上京、TJTのメンバーになる。一杯の緑茶とたいやきをお付き合い戴ければ、尽きせぬ日本の魅力を聞かされるに違いない…そしてもしかしたら若き日のサッカー・ロッカー伝説も。

Nozomi-Resizedのぞみ (コーディネーター)

スカイツリーの麓になった所で生まれ育った生粋の江戸っ子。 東京のことなら知らぬ事は無いが、最近は転居先の横浜界隈についてもその知識を深める。 心の行き届いたコーディネーションは、クライアントのみならず、サプライヤーからの信頼も厚い。

Mai-Resized舞 (コーディネーター)

4年をかけてバーミンガムに学び、英語と根性に磨きを掛ける。 出身の福岡がダイナミックな都市のトップ10に選ばれたのも頷けよう。 2012年には愛息にも恵まれ、家庭人としても持ち前のダイナミズムを発揮しつつ、コーディネーションにも更なる輝きを見せている。

Akiko-Resized明子 (コーディネーター)

正 規ガイドのライセンスの持ち主。 地球の裏側、アルゼンチンでの生活経験あり。 東京本社での4年間のコーディネーター経験の後、2014年夏、京都に移り関西オフィスへ。 東西の文化の特徴を踏まえてのコーディネーションを実行中。 関西オフィスにラテンの風を吹き込み、時折タンゴのステップ音を響かせるとか。

Karina-Resized香里和(コーディネーター)

松阪とホンコン、二つの故郷を持てば、うら若きグルメに育ったのも頷けよう。英国エクセター大学在学中に学んだのは社会学とご当地の麦酒学(?)。旅の楽しみを知り、重ねた年の数より、訪ねた都市の数の方が多いというほど。その行先は水中にまで及び、PADIダイビングのライセンスも所持。

Satomi-Resized里美(コーディネーター)

出身は千葉。 世界各地の探訪を経て、ボストンのラッセル大学にてホスピタリティー・マネジメントを学ぶこと二年半。その情熱の向かう所は、野球、バスケットボール、アメリカンフットボール等の「動」ばかりではなく、「静」の書道にも及び、彼女の端正で美しい字は「まるでフォントのよう」と溜息を呼ぶ。

Ayuka-Resizedあゆか(コーディネーター)

身に秘めた沖縄DNAに突き動かされて、1年間のベルギー留学。彼の地にてビールとポテトとチョコレートへの探求を究めた後、2016年の春にTJTのメンバーに。 入社一年目にして30人のフランス人の知的好奇心を満たし、400人のオーストラリア人を満腹させる。 今後も国籍とサイズを問わずお客さまの心もお腹も満たす心意気。

Takashi-Resized隆司 (プロダクト・マネージャー、京都)

究極のトラブルシューター。 問題というものが解決するために存在するなら、彼は問題の存在の為に生きていると言ってよい。  そして、ビジネスイベント界に彼を知らぬ人は居らず、彼を信頼しない人は存在しない。ややこしい問題が解けた時の笑顔は何にも代え難い。

Toyoko-Resized都代子 (京都オフィスマネージャー)

京都西陣に生まれ育ち、どこを切っても熱い血と共に京都が怒涛の奔流を見せる。地元で培われた人脈は、その一声で協力者が集まってくるとやら。 彼女を関西オフィスの旗頭にしたTJTの西日本での活動はこれから佳境を迎えようとしている。

Hitomi-Resizedひとみ(経理)

TJT の経理を支える縁の下の力持ち筆頭。 都内有名音大卒にして、右手にフルート、左に算盤、いや、パソコン。 海外で知り合ったミュージシャンとのジャムセッションで得るエネルギーを、テンキーに乗せてリズミカルに打ち込めば、バランスシートも魅惑の魔笛に操られて輝き出すか。

 

そして、、、。

日本中のポーターさん、ドライバーさん、ガイドさんも、芸者さんも、パフォーマーさんも、同じ仕事に係わる諸氏諸嬢は皆々我々のチームメンバーとして、大切なパートを担って下さっているのです。